ノンシリコンシャンプー 人気 理由

ヘアケア業界では髪と地肌に低刺激であることからノンシリコンシャンプーが流行しています。
以前は知名度はそこまで無かったノンシリコンシャンプーですが
今ではドラックストアーなどで取り扱われるようになり
私たちにも馴染みのあるものになりました。

 

ですが、とにかくノンシリコンシャンプーは髪と地肌良いとは聞くけど
実際の効果についてはハッキリと分からないという方が多いと思います。
ここではノンシリコンシャンプーの良い点と悪い点について
分かりやすく解説していきたいと思います。

 

そもそも、ノンシリコンシャンプーって何?

 

ノンシリコンシャンプーがどのようなシャンプーなのか分からない方もいると思いますので
簡単に解説していきます。

 

普通のシャンプーには「シリコン」という髪の毛をコーティングする作用のある成分が含まれています。
シリコンという名前の他に、ジメチコン・シクロメチコン・シロキという名称の成分もシリコンの仲間です。
それらのシリコンが含まないシャンプーをノンシリコンシャンプーと指すのです。

 

ノンシリコンシャンプーの良い点

 

まず初めに、ノンシリコンシャンプーの良い点について
3つに分けて解説していきます。

 

1、カラーやパーマの持ちが持続しやすくなる

 

ノンシリコンシャンプーのシャンプーを使用していると
髪の毛にコーティングするシリコンが少なくなるので
カラーやパーマの薬液が浸透しやすくなるので持ちが持続しやすくなります。

 

逆にシリコン入りのシャンプーを長期的に使用していると
シリコンが髪の毛に何層にもわたってコーティングをしてしまうため
カラーやパーマの薬液が浸透しにくく阻害してしまうので
うまく髪の毛が染まらな、パーマがかからない、というような状態になりやすくなります。
つまり、ノンシリコンシャンプーには薬液を阻害する影響は出ないので
カラーやパーマが染まりやすい・かかりやすくなるので
持ちが持続しやすいということになります。

 

 

2、素髪になれる

 

 シリコンが含まれているシャンプーを長期的に使用していると
上記でも解説した通りにシリコンは髪の毛を必要以上にコーティングしてしまいます。
なので、髪の毛に積み重なったシリコンが髪の毛に重さとなって現れて
ベタッとした質感になってしまうこともあります。
その反面、ノンシリコンシャンプーは髪の毛にコーティングをすることもないので
洗う度にふんわりと軽い素髪になることができます

 

 

3、良い頭皮環境を保てる

 

 シリコンは髪の毛だけではなく頭皮にまでコーティングしてしまうこともあるので
毛穴を詰まらせ皮脂を分泌しやすい環境になってしまい、ベタつきや痒みなどの悪影響が出てしまうのです。
ノンシリコンシャンプーではそのような悪影響をもたらすことはなく
洗浄することができるので良い頭皮環境を保つことができます。

 

 

 

ノンシリコンシャンプーの悪い点

 

ここまではノンシリコンシャンプーについての良い点について解説してきました。
ですが、どんなに良い商品だったとしても必ず悪い点は付き物です。
では、良い点だけではなく次は悪い点についても解説していきましょう。

 

 

1、髪の毛の質感が悪くなる

 

 シリコンは悪い点ばかりではありません。シャンプーの際に摩擦を防ぎ
髪の毛のダメージを減らすためのクッションとしても有効的なのです。
逆を言えば、ノンシリコンシャンプーはそのクッションとなるシリコンがなくなるため
シャンプーの際の指通りや滑らかさはシリコン入りのシャンプーと比較すると
悪く感じる可能性もあります。今まで質感を高める役割もあるシリコンが無くなれば
自然と髪の毛の質感が悪く感じることになると言えます。

 

 

2、髪の毛のダメージが進行してしまう

 

 シリコンというコーティングがなくなることで摩擦から守るクッションが無くなり
良かれと思ってシリコン入りのシャンプーを辞めたのが原因で
髪の毛のダメージが進行してしまう場合もあります。

 

 

 

3、熱で髪の毛が痛みやすくなる

 

 シリコンというコーティングが無くなるので
素髪にドライヤーやアイロンなどの高熱を加えてしまうと
以前よりダメージを負いやすくなる可能性も高まります。

 

 

まとめ

 

以上のように、ノンシリコンシャンプーは良い点だけではなく悪い点もあるのです。
今の髪の毛の状態によってはマイナスになってしまう可能性もあるので
上記の解説を参考にして自分に合ったシャンプーを選択するようにしましょう。

 

 

炭酸シャンプー